« コーディネート詳細 | トップページ | 痛車? »

2016年10月16日 (日)

いつだって猫展

久しぶりに着物で出掛けた先は、愛媛県立美術館。
猫柄小紋に犬の帯を選択したのは、ポリで扱いやすいという理由と、
今回の企画展が猫だったからです。

いつだって猫展

江戸時代後期から明治期まで続いた「猫ブーム」の様子を、浮世絵等で紹介した企画展。
去年に名古屋で開かれた模様。

愛媛が二箇所目!?
やるわね〜♪愛媛県立美術館♪

図録のカバーによると、
来年2017年4月には、京都文化博物館で開催されるようです。

いつだって猫展

館内にて、でっかい招き猫が手をこまねいていた。
展示は、歌川国芳を始め、化け猫やら色々♪

微妙にかわいくないのも一杯(笑)
ぶさかわいいと言うべきなのか?
ちょっとニンマリする作品も多くて楽しかったです。

美術館前の芝生や、館内ロビー等に、
展示作品の一部がディスプレイされていました。


いつだって猫展

↑国芳の荷宝蔵壁のむだ書の一部。

この子、猫又?

他の化け猫の絵を見て、初めて気付いたのですが、
猫又って、尻尾の途中から2つに別れていたのね!?

九尾の狐のように、付け根から別れてると思っていたので、
ちょっとびっくりしました。


↓こちらは、明治時代の絵の一部。
いつだって猫展
新板猫の勉強学校 小林幾英

運動場で、ブランコ遊びや体操している猫たちと共に描かれています。

猫のラインダンスなのか!?(*_*)


犬派ですが、楽しめました。
個人的には、かわいい江戸絵画展や、応挙展希望(笑)

コーディネート
↑ちなみに、この帯の柄は、
長沢芦雪の『白象黒牛図屏風』の一部でした★

脱力系わんこ(笑)
色を塗り替えたくなります。

|

« コーディネート詳細 | トップページ | 痛車? »

アート」カテゴリの記事

着物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/595304/64358112

この記事へのトラックバック一覧です: いつだって猫展:

« コーディネート詳細 | トップページ | 痛車? »